バナー

交通事故の慰謝料の金額はどのようにして決まるのか

交通事故の被害者と認定された場合、加害者から慰謝料を請求する権利が認められます。
しかし、問題なのはどのぐらいの額を請求したらよいのか素人には分かりにくい点です。そのため、被害者側から不当に低い金額を提示されてもそれに気付かないというケースも出てきます。
まず知っていてほしいのは交通事故慰謝料には、後遺障害慰謝料と入通院慰謝料の2種類があるということです。

NAVERまとめ情報サイトを活用しましょう。

前者は交通事故により後遺症が残った場合に支払われるものでその額は後遺障害等級によって決まります。

1級から14級までに分かれており、金額も1級は数千万円クラスで14級は数十万円クラスとかなりの差があります。
後遺障害を申請する場合は事前認定と被害者請求のどちらかの方法を選ばなければなりません。事前認定は手続きを保険会社が行ってくれるため手間は省けるのですが、問題は処理をするのが加害者側の保険会社という点で、必然的に支払わう金額をなるべく低く抑えようと働きかけてきますのであまりお勧めはできません。

弁護士による相続相談について知りたいならこのサイトです。

被害者請求はすべてを自分で行うので手間はかかりますが納得のいく額を請求がすることができます。

この場合、医師とも相談して後遺症に関する資料をまとめてなるべく高い等級の認定を目指すことになります。

交通事故は弁護士への最新情報ならこちらを参考にしてください。

一方、入通院慰謝料には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準があり、それぞれ計算の仕方が違います。自賠責保険を適用する場合は自賠責基準、任意保険適用の場合は任意保険基準になるわけですが、裁判を通して請求する場合は弁護士基準が適応されます。